プレスリリース

アリゾナ州フェニックス市の賃貸住宅を取得~アメリカにおける初のメジャーシェア事業~

阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、 社長:諸冨隆一(※1))では、 今般、 当社の100%子会社であるアメリカ現地法人“Hankyu Hanshin Properties USA LLC”を通じ、 アリゾナ州フェニックス市の賃貸住宅「Park at 33rd」(以下、 「本物件」)を取得しました。

本物件の取得及び運営(以下、 「本事業」)は、 アメリカの不動産IM会社(※2)“SAM Residential Group”と共同で行うこととしており、 当社がアメリカにおいてメジャーシェアを保有する初めての事業となります。

本物件は、 1986年に竣工した、 住戸数224戸の賃貸住宅です。 敷地内に独立した地上2階建の建物が28棟(各建物は8戸で構成)あり、 ジムやプール等が共用施設として併設されています。
本物件が所在するフェニックス市は、 アメリカの中でも人口・雇用者数・世帯所得の増加が著しいため、 これからも住宅需要は十分あると見込まれます。 また、 本物件は、 同市の中心市街地から北へ約25kmの地点にありますが、 周辺には大規模な勤務地や商業施設が数多くあるため、 通勤・生活利便性とも非常に高く、 今後も安定的な稼働を期待することができます。 当社では、 取得後はリノベーションにより、 本物件のさらなる価値向上に努めていくことにしております。

当社は、 2022年6月に、 シアトル市の賃貸住宅事業に参画(※3)しましたが、 本事業はそれに続く、 アメリカにおける第2号プロジェクトです。 今後も、 上記の現地法人等を活用して、 情報収集の体制等を整備するとともに、 現地企業とのパートナーシップを構築することにより、 同国での事業参画の機会を増やし、 収益の拡大を目指してまいります。

■本物件の概要

\今ならAmazonギフト券/スマホで学ぶ資産形成

■Hankyu Hanshin Properties USA LLC の概要

■阪急阪神不動産の概要

(※1)諸、 隆は旧字
(※2)インベストメントマネジメント会社の略称で、 アセットマネジメントだけでなく、 投資実務も行います。

(※3)シアトル市の賃貸住宅事業への参画に関するニュースリリース
https://www.hhp.co.jp/data/pdf/2_8npt75e2pu04w4go88w00gos0.pdf

阪急阪神不動産株式会社  https://www.hhp.co.jp/

リリース  https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/2a238e3edd7fbd295b1dd080f0adcbe59a2c3b0b.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

住宅購入ieyasu(イエヤス)オンライン面談

賢い人は20代から始めている‟後悔しない住宅購入”をご提案!
家賃がもったいない、もっといい家に住みたいと思っている方にピッタリの住宅購入サービス

・賃貸と比べて費用はどれくらい違うの?
・興味はあるけど、いざ買うとなると不安…。
・無理のない支払いで今よりいい暮らしをしたい

など…。

毎月の家賃がもったいない、いっそ買った方が得なのかな? そう考えたこともあるのではないでしょうか。

またマイホーム購入といえば結婚してから・子供が生まれてから…となんとなく思い、毎月の家賃が高いのに部屋は狭いなど不満を持ったまま過ごしていませんか?
住宅購入ieyasu(イエヤス)オンライン面談

-プレスリリース