※当サイトにはプロモーションが含まれています。

プレスリリース

『SAO(ソードアート・オンライン)』スピンオフ小説が続々発売決定!さらにアンソロジー小説も!アインクラッドを舞台に新たな物語がスタート!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長 CEO:夏野剛)の電撃文庫より刊行の、全世界関連シリーズ累計3,000万部突破の大人気作品『ソードアート・オンライン(SAO)』(著:川原 礫、イラスト:abec)より、スピンオフ小説の発売が決定しました。
『ガンゲイル・オンライン(GGO)』『クローバーズ・リグレット』に続く、「ソードアート・オンライン オルタナティブ」の新シリーズとなります。
さらに、豪華クリエイター陣が参加する公式アンソロジー小説の刊行も決定しました。
『SAO』を舞台にした新たな物語にご期待ください。

■小説『ソードアート・オンライン』公式サイト: https://dengekibunko.jp/title/sao/

「アインクラッド攻略には興味ありません! 食堂の開業を目指します!」

『八男って、それはないでしょう!』(MFブックス刊)のY.Aが贈る、《SAO》世界でのまったりグルメ探求ライフ!

 

『ソードアート・オンライン オルタナティブ グルメ・シーカーズ』

著者:Y.A  イラスト:長浜めぐみ  原作・監修:川原 礫

定価:1,430円(本体1,300円+税)

発行:株式会社KADOKAWA(電撃の新文芸)

発売日:2023年11月17日 予定

書籍情報: https://dengekibunko.jp/product/322304000379.html

購入予約(カドカワストア): https://store.kadokawa.co.jp/shop/g/g322304000379/?ref=dengekibunko

▼あらすじ

VRMMOでの料理を体験してみたかっただけなのに、運悪く《ソードアート・オンライン》に閉じ込められてしまったゲーム初心者の姉弟、ユズとヒナ。

二人が取った選択は――《料理》スキルを極めること!?

同じく料理好きなプレイヤーとともに《食の探求団》という名のパーティーを結成。

美味な食材やレアな調理器具が報酬となるクエストをこなしたり、現代日本の料理再現に挑んだり……料理に全振りな日々を過ごし、屋台をオープン。

創意工夫を凝らしたメニューで、攻略プレイヤーたちの胃袋もわし掴み!

《SAO》世界でのまったりグルメ探求ライフ、開幕! 

★「電撃ノベコミ+」で先行無料連載中★

https://dengekibunko.jp/novecomi/novel/16817330659567597487/

  • スピンオフ第2弾『SAOオルタナティブ ミステリ・ラビリンス』 

アインクラッドで起きた不可解な殺人事件の真相を解き明かせ――。

ミステリの名手・紺野天龍が描く、「もう一つの《デスゲーム》」。

 

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ミステリ・ラビリンス 【迷宮館の殺人】』

著者:紺野天龍  イラスト:遠田志帆  原作・監修:川原 礫

定価:770円(本体700円+税)

発行:株式会社KADOKAWA(電撃文庫)

発売日:2023年12月8日 予定

書籍情報: https://dengekibunko.jp/product/322305000505.html

 

▼あらすじ

《アルヴヘイム・オンライン》の世界で探偵事務所を開いていた少女スピカと助手の俺は、

かつてログアウト不可となっていたVRMMO《ソードアート・オンライン》の中で記されたと思しき手記を入手する。それは難解なダンジョンに閉じ込められたのちに起きたという、連続殺人の詳細な記録だった。未解決事件の真相を調査しようと意気込む推理小説マニアのスピカとともに、事件現場となったというアインクラッド二十層《ひだまりの森》の片隅にたたずむ《迷宮館》を訪れるが……。

難攻不落の「VR闇カジノ」を攻略せよ――!

金と誇り、VRMMOの未来を賭けた一世一代の"大博打"が幕を開ける!

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ギャンブラーズ・オナー』

著者:周藤 蓮  原作・監修:川原 礫

発行:株式会社KADOKAWA(電撃文庫)

発売日:近日公開

▼あらすじ

引退した元ギャンブラー・巴啓司は、知人のゲーマー少女・蓬田遥の頼みで人生初めてのVRMMOへと挑戦することになる。

目標は新生アインクラッドで行われている大規模なカジノイベント、そしてその目玉商品である両手斧《タイタンズ・ネイル》。

ゲーム内のカジノで少し遊ぶだけ――そのはずだった巴啓司は、しかしVRMMO全体を揺るがす陰謀へと巻き込まれることになる。

 

 

  • 公式アンソロジー小説『ソードアート・オンライン IF』

大人気シリーズ『SAO』の公式アンソロジー小説が待望の刊行!

 

『ソードアート・オンライン IF 公式小説アンソロジー』

原作・監修:川原 礫

定価:800円(本体円+税)

発行:株式会社KADOKAWA(電撃文庫)

発売日:2023年11月10日 予定

書籍情報: https://dengekibunko.jp/product/322306000875.html

▼詳細

“もしも”をテーマに『SAO』の世界を自由に描く、公式アンソロジー小説!

 『ガンゲイル・オンライン』や『クロバーズ・リグレット』だけじゃない。グルメありゾンビありの完全IFな一冊!

(参加クリエイター)時雨沢恵一×黒星紅白、渡瀬草一郎×ぎん太、牧野圭祐×かれい and more!

 

★「電撃ノベコミ+」で先行無料連載中★

https://dengekibunko.jp/novecomi/novel/16817330662429839391/

 

▼アンソロジー小説用の特別なイラストも初公開!

 

▼参加クリエイターによるコメント

時雨沢恵一

 アンソロジー小説を書くのはいつも緊張します。

 真面目な作品ばかり並ぶであろう中で悪目立ちしないよう、精一杯おちゃらけずに書きました。

 読者の皆様におかれましては、『どうした時雨沢、悪い物でも食べたか?』と心配しないでください。お楽しみにー。

 

渡瀬草一郎

 ご無沙汰しております、渡瀬草一郎です。

 このたびはアンソロジー企画にお誘いいただき、ありがとうございます!

 クローバーズリグレットは全三巻で完結したのですが、それでもまだ愛着のあるキャラクターが多く、こうして新しいお話をお届けできることがたいへん嬉しいです。

 今回は館(やかた)モノのミステリーに偽装したRTA(リアルタイムアタック)要素のあるシナリオに、主人公達がまったり挑戦するお話なのですが……「好きに書いていいよ」というお言葉を真に受けて、昭和生まれにしか通じそうにないネタをいくつか仕込んだら、そのまま通ってしまって微妙に動揺しています。「え、いいんですか?」と改めて聞く勇気もないので、たぶんそのまま出ると思います。ご期待ください。

 

牧野圭祐

「もしシリカがピナではなくて、気持ち悪いモンスターをテイミングしてしまったら?」

 今回のif企画の打診を受けた直後にパッと思い浮かび、最初は触手モンスターが仲間になってしまう話を考えていたのですが、気づいたら幽霊少女に呪われていました。どちらにせよヒドい話ですね。もちろん触手モンスターも登場します。でも内容はヒドい話じゃなくて、少女のジュブナイルな冒険物語なんです……。

 ところでイラストはなんと、かつてガガガ文庫の『月とライカと吸血姫』で担当していただいたかれい先生。完全にレーベル越境しているので「これ大丈夫なんですか」と確認したんですが大丈夫でした。これも一種のifかもしれません。

 さて、SAOの世界を舞台としたさまざまなifのひとつとして、このMORE DEBANな掌編を楽しんでいただけたら嬉しいです。最後になりましたが、この企画にGOを出してくださった川原先生に感謝を、そして電撃文庫さん30周年おめでとうございます。

 

 

  • 『ソードアート・オンライン』とは

全世界関連シリーズ累計3,000万部を突破した『ソードアート・オンライン』(SAO)は、電撃文庫より刊行中の著者・川原 礫とイラストレーター・abecによる大ヒット小説。2009年の発売以来、コミカライズ・アニメ化・ゲーム化などのメディアミックスも展開し、数多くのファンを魅了し続けてきたSFファンタジーの金字塔的存在です。

物語は2022年11月6日、次世代型VR(仮想現実)ゲームである《ソードアート・オンライン》の正式サービス開始とともに幕を開けます。

ゲームにログインした主人公・キリトは1万人のプレイヤーと共にゲーム内へ囚われてしまい、ゲームオーバーが「現実の死」を招くという絶望的な条件下で、キリトはログアウトのために《浮遊城アインクラッド》の最上階に向けゲームクリアを目指すというストーリー。

 

■小説刊行一覧: https://dengekibunko.jp/product/sao/

 

 

  • 関連情報

■電撃文庫公式サイト: https://dengekibunko.jp/

■電撃文庫公式Twitter: https://twitter.com/bunko_dengeki

■電撃の新文芸公式サイト: https://dengekibunko.jp/special/shinbungei/

■電撃の新文芸公式Twitter: https://twitter.com/D_shinbungei

時雨沢恵一

 アンソロジー小説を書くのはいつも緊張します。

 真面目な作品ばかり並ぶであろう中で悪目立ちしないよう、精一杯おちゃらけずに書きました。

 読者の皆様におかれましては、『どうした時雨沢、悪い物でも食べたか?』と心配しないでください。お楽しみにー。

渡瀬草一郎

 ご無沙汰しております、渡瀬草一郎です。

 このたびはアンソロジー企画にお誘いいただき、ありがとうございます!

 クローバーズリグレットは全三巻で完結したのですが、それでもまだ愛着のあるキャラクターが多く、こうして新しいお話をお届けできることがたいへん嬉しいです。

 今回は館(やかた)モノのミステリーに偽装したRTA(リアルタイムアタック)要素のあるシナリオに、主人公達がまったり挑戦するお話なのですが……「好きに書いていいよ」というお言葉を真に受けて、昭和生まれにしか通じそうにないネタをいくつか仕込んだら、そのまま通ってしまって微妙に動揺しています。「え、いいんですか?」と改めて聞く勇気もないので、たぶんそのまま出ると思います。ご期待ください。

牧野圭祐

「もしシリカがピナではなくて、気持ち悪いモンスターをテイミングしてしまったら?」

 今回のif企画の打診を受けた直後にパッと思い浮かび、最初は触手モンスターが仲間になってしまう話を考えていたのですが、気づいたら幽霊少女に呪われていました。どちらにせよヒドい話ですね。もちろん触手モンスターも登場します。でも内容はヒドい話じゃなくて、少女のジュブナイルな冒険物語なんです……。

 ところでイラストはなんと、かつてガガガ文庫の『月とライカと吸血姫』で担当していただいたかれい先生。完全にレーベル越境しているので「これ大丈夫なんですか」と確認したんですが大丈夫でした。これも一種のifかもしれません。

 さて、SAOの世界を舞台としたさまざまなifのひとつとして、このMORE DEBANな掌編を楽しんでいただけたら嬉しいです。最後になりましたが、この企画にGOを出してくださった川原先生に感謝を、そして電撃文庫さん30周年おめでとうございます。

歌手になりたい方、必見!20〜49歳対象のボーカルオーディション
MUSIC PLANET

MUSIC PLANETボーカルオーディション2022は、音楽経験不問!
また、ジャンル問わず幅広い世代の方を募集しています。

世の中には遅咲きでCDデビューしたアーティストはたくさんいます。
一人でも多くの「可能性」を見つけ、全ての方に平等に挑戦の場を提供するため、募集年齢は20歳~49歳までと非常に幅広くなっているのがポイント。

もう一度夢に挑戦してみませんか。

  1. 音楽経験問わず、初心者、大歓迎
  2. 個性、やる気、歌が好き、という熱意重視のオーディション
  3. 幅広い層からの応募が可能。20歳~49歳までの男女。
  4. 応募時に履歴書、写真不要
  5. オーディションには有名音楽プロデユーサーが参加
  6. 東京/大阪/福岡からオーディション会場を選べる

募集年齢は20歳~49歳まで

MUSIC PLANET

オーディション時からトップアーティストを手がけた実績ある音楽プロデューサーが直接審査。
なかなか会うことができない音楽プロデューサーと会える絶好のチャンス。

-プレスリリース